魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

ワクチンで予防できる猫の感染症

今回は、ワクチン接種で予防できる猫の病気のお話をしたいと思います



●猫ウイルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウイルスによっておこる病気で、初めは40℃前後の発熱、激しい咳やくしゃみ、鼻水など風邪の症状が続きます。
目やになどが多くなり、角膜炎や結膜炎を引き起こします。感染力が強く、他のウイルスや細菌との混合感染も多いため、重い症状となって死亡する事もあります。
特に子猫はかかりやすく、高い死亡率を示す場合もあります。
また、回復してもウイルスは体内に残り、ストレスなどで再発する事もあります。




●猫カリシウイルス感性症

猫ウイルス性鼻気管炎と類似の症状を示しますが、進行すると口の中や舌に水泡や潰瘍がみられ、肺炎を起こすこともあります。他のウイルスとの混合感染で合併症などを引き起こすと、死亡する場合もあります。
一般的に鼻気管炎より強いウイルスなので、持続的にウイルスを排泄して、他の猫への感染源となりますので注意が必要です。



●猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

パルボウイルスによる病気で、猫パルボウイルス症としても知られています。
血液中の白血球の数が著しく少なくなり、高熱、嘔吐、下痢、急速な脱水などの症状がみられます。
脱水症状が続くと猫は衰弱し、特に子猫では非常に死亡率の高い伝染病です。



●猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルスに感染すると様々な病態を示します。リンパ肉腫、白血病などの腫瘍性疾患をはじめ貧血、汎白血球減少症など骨髄機能の低下、腎炎あるいは免疫不全のため他の感染症を併発する事もあります。
これらはいずれも根本的な治療法はなく、死亡する危険性の大きい恐ろしい病気です。
感染猫の唾液中には多量のウイルスが含まれていて、猫同士の毛づくろいや咬傷などを通じて口、鼻から伝染します。


・関連記事
猫白血病ウイルスについて


感染すると治りにくい症状ばかりですが、これらはワクチンを接種することで免疫をつけることができ、
万一感染しても軽い症状でおさえることができます。

定期的なワクチン接種でしっかり予防したいですね

猫の低血糖について

今回は、猫では比較的まれといわれている低血糖の症例です。


症例は日本猫、16歳のメスで、初診時の体重は1.3kg、ボディーコンディションスコアーは2/5です。

夜中に急に吐き出したという主訴で来院しました。

深夜の来院でしたので皮下点滴、吐き気止め、抗生物質の投与で様子をみていただくことにしましたが、その4時間後に今度は痙攣を起こし、再来院しました。

急遽、血液検査と腹部エコー検査をしたところ、低血糖(Glu 22mg/dl)と肝機能障害(AST >1000IU/L, ALT 431IU/L, ALP 355IU/L)が確認されました。

低血糖の救急治療としてグルコースの静脈内点滴を開始したところ、状態は改善しその後は痙攣を起こすことはありませんでした。

入院2日後には食欲、元気とも正常になり、入院3日後には退院しました。

第2病日のの血液検査は、Glu 152mg/dl, AST 321IU/L, ALT 347IU/L, ALP 91IU/L でした。

T4は11.5μg/dlで、甲状腺機能亢進症が基礎疾患として存在することが考えられました。



今回の症例の低血糖を起こした原因を考えてみたいと思います。

低血糖の鑑別診断としては、下記のものが挙げられます。

測定エラー
医原性(インスリン)
肝不全
敗血症
トイ種の新生児低血糖
狩猟犬の低血糖
副腎皮質機能低下症
飢餓
腫瘍(インスリノーマ、肝癌など)
グリコーゲン貯蔵病

稟告から、医原性、敗血症、飢餓は除外され、猫であることからトイ種の新生児低血糖、狩猟犬の低血糖も除外されます。測定エラーはなく、副腎皮質機能低下症やインスリノーマはねこでは非常にまれと言われていることから肝不全による低血糖と考えるのが妥当であると思われました。

T4が高値を示したことから、甲状腺機能亢進症が基礎疾患として存在し、肝機能に何らかの影響を及ぼしているものと考えられました。

しかし、教科書的にはALT,ALPの上昇は過剰なホルモンが細胞活性を高めるためで、肝障害が起こるわけではないと記載されています。

その後の治療は点滴(第12病日まで)と、強肝剤(第23病日まで)、高栄養食、糖分の給餌(継続治療とする)、さらに第9病日からチアマゾールの投与を開始しました。

肝酵素の数値も徐々に改善が見られ、第30病日には正常となり体重も1.65kgと増加ました。

第77病日の定期検査においては、血液検査はほぼすべての項目で正常で、体重も1.88kgまで増えていました。

T4は第30病日に4.6μg/lでしたが、第65病日には7.2μg/lと上昇したため、チアマゾールの投与量を増やし、現在は良好に維持しています。

今回の症例は、はっきりとした因果関係はわかりませんが、肝機能不全により低血糖を起こし基礎疾患として甲状腺機能亢進症が何らかの関与があったものと思われました。

さらに確定診断に至るには、肝臓のバイオプシー検査や、微細な腫瘍までの存在を把握するための精密検査等が必要であると思われますが、年齢や現在の病態を考慮するとあまり負担のかかる検査はかえって危険を伴うものと考えられます。


ここまで良好な経過が得られたのは、ただ治療が奏功したというだけではなく、飼い主様のネコちゃんへの愛情、日々の患護が大きいのだと改めて考えさせられました。

今回の症例は深夜4時の救急診療でした。夜間や休診日の診察は、出来るだけ長めにコールしてください。よろしくお願いします。

犬の排便困難・・・原因は?

今回の症例は排便困難のワンちゃんです。

アメリカンコッカースパニエルの6歳の雄で去勢はしていません。
2週間ほど前から排便がないとのことで来院しました。
一般状態は良好でしたが、尿失禁と腹囲膨満が見られました。
排便は全くないわけではなく、入院時に少量の軟便を確認しました。

血液検査は特に異常はありませんでした。

レントゲン検査においては、多量の宿便、多量の尿貯留による膀胱拡張、前立腺肥大とさらに前立腺背側部の腫瘤を確認しました。


脂肪腫Xray1



脂肪腫Xray2


腹部超音波検査においては、膀胱、前立腺の尾側に腫瘤を確認しました。
[広告] VPS



排便困難、便秘症の鑑別としては、食事性、環境要因、神経学的疾患、大腸の閉塞・圧迫、肛門周囲の問題、代謝性・内分泌性疾患、薬物性などが挙げられます。
本症例に関しては、画像診断所見から前立腺の尾背側の腫瘤が大腸を圧迫し排便(排尿)障害を呈していると考えられました。
腫瘤は前立腺肥大を併発していることから、前立腺嚢胞・偽嚢胞、前立腺癌(またはその他の腫瘍)が疑われ、腫瘤摘出手術と前立腺肥大の治療として去勢手術を行いました。


手術により摘出した腫瘤は、なんと脂肪腫でした。
他臓器への浸潤はなく、比較的容易に摘出できました。

写真は摘出した脂肪腫です。

脂肪腫1



脂肪腫に割面を入れたところです。

脂肪腫2


術後の経過は良好で、排便、排尿もスムーズになりました。

排便のちょっとした異常は食欲、元気等の一般臨床症状が正常であると、あまり重大なものと認知されることもなく、治療もせず放置されることも多々あると思われます。本症例の様に曖昧な症状を呈するものでも、画像診断(特に超音波検査)によって確定診断が得られることもあります。

言葉の喋れない、訴えのないワンちゃん、ネコちゃんのちょっとした病気のサインを見逃さないように、日頃から心がけたいですね。

猫免疫不全ウイルスについて

猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症

猫免疫不全ウイルス(FIV)感染症は、感染末期にはエイズ症状となるため猫エイズとも呼ばれます。一般的に年齢とともに増加し、3歳以上で外出可能な雄猫に多くみられる恐ろしい伝染病です。


感染経路
FIVは、ウイルスが主に血液や唾液に含まれ、FIV陽性猫とのケンカで噛まれたりするとうつります。感染の危険度は、猫の年齢や生活様式によって異なりますが、特に雄猫はケンカによりFIVに感染します。
FIVは人間にはうつらずネコ族にしか感染しません。


潜伏期
潜伏期間は3~8週間ですが、健康状態・年齢・遺伝により異なります。
潜伏期がごくまれに8週間以上場合もあります。

多くの猫は、感染後5~10年ほどはほとんど無症状ですが、徐々に免疫機能が抑制されていきます。
一部の猫は発熱、元気が無くなる等の初期症状が現れます。


症状
FIVに感染すると、初めは一見健康そうに見えますが、次第に元気がなくなっていきます。
免疫力が低下するので、あらゆる感染症に抵抗できない状態になり、口内炎、胃腸炎、鼻炎などがなかなか治らず、感染末期には人間のエイズのような症状が現れ、最後は死亡してしまいます。

 FeLV関連疾患
 ・口内炎 ・治りにくい皮膚病
 ・慢性の上部気道の病気 ・慢性の下痢 
 免疫機能が低下し、二次感染や腫瘍などで、死亡する場合があります。


治療法
現時点では、FIV感染症に特別な治療法はなく、これらに感染したことがわかった場合には、発症を遅らせるための管理や、症状に応じた治療をしていくことになります。


予防法
陽性猫とのケンカで咬傷を受けるのを防ぐためにも避妊・去勢手術をし、屋内での飼育をお勧めします。


●関連記事●
猫白血病ウイルスについて


膿皮症

こんにちは♪動物看護師の原田です


今日は当院でもよく診る、膿皮症についてお話したいと思います


膿皮症とは。。。

img038.jpg

皮膚の化膿性病変を総称して膿皮症と呼ぶ。
軽症なものでは自然治癒するが、感染抵抗性の弱い犬や
本症に対する治療法が不適切だったりすると炎症が悪化し、慢性化しやすい。
化膿部の深さや程度、化膿の原因となる細菌の種類、基礎疾患の有無などにより病名と症状が異なる。
好発部位は顔面,腋窩,内股,指(趾)間など。犬種により好発部位は異なる。


原因

非衛生的な環境のために皮膚が汚染されたり、
犬同士が咬み合ったりしてできる擦り傷や咬み傷から
黄色ブドウ球菌などの病原細菌が感染して化膿性病変を発生させる。
また過度の、あるいは不適当な成分を含むシャンプーの使用などでも本症の原因となる。


分類と特徴

表層性膿皮症

・口唇性膿皮症・・・下唇部に発生する膿皮症。上唇が垂れ下がって下唇を覆う犬種に多い。
          セッター、コッカースパニエルなど。


・顔襞性膿皮症・・・短頭種に多い。鼻と眼の間の深い襞など、顔に発生する膿皮症。
          ブルドッグ・ペキニーズ・パグなど。

・外陰性膿皮症・・・発育不全や肥満した雌の会陰部に好発する膿皮症。


深層性膿皮症

・趾間性膿皮症・・・指の間(趾間)に発生する膿皮症。短頭種やダックスフンドなどに多い。

img037_20121116161249.jpg
趾間性膿皮症



・若年性膿皮症・・・若齢犬にみられる膿皮症。


症状

皮膚が局所的に発赤し、しだいに痒みが増してくる。
初期は毛包だけに菌の増殖がおき、皮膚の表面に小さな紅疹をみるのが普通であるが、
進展すると環状の病変となる。
慢性化すると色素沈着で黒くなることもある。
痒みが強く犬が舐めたり、引っ掻いたりすると短時間のうちに広範囲の脱毛を示す。
症状が進んだ例では、病巣が深部におよび腫脹、膿瘍、発熱、疼痛などがみられるようになる。
主に夏季に多い傾向がある。


治療

セフェム系・ニューキノロン系などの抗生物質を2週間以上投与
また他の感染症やアレルギーなどを伴っている場合は、その治療も。

再発を繰り返す場合は・・・

薬の種類を変える,抗菌性シャンプーの利用などの治療法を見直したり
基礎疾患,皮膚の機能異常などの根本的な原因を考える。
細菌培養・感受性試験・皮膚生検の検査なども、必要になる。


予防

再発と病変部の拡大を防止するため、生活環境の殺菌消毒を施し
本症にかかった犬は隔離して他の犬と接触させない。



夏季に多いとされている膿皮症ですが、今の時期でも油断できません
特に加湿器やストーブを使ったりする室内ではなる可能性もあります
愛犬の皮膚の状態を時々チェックするようにしましょう

  次のページ >>