魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

お家でできるケア~シャンプー編~

こんにちは!看護師(兼トリマー)の天野です
今日は雨で寒いですが最近は日差しも暖かくなり、だんだん春が近づいてきましたね
換毛期も近づいてきました!たくさん毛が抜けてお掃除が大変な時期です。
ブラッシングでだいぶ毛は取れますが、こんな時期は特にシャンプーをしてすっきりさせてあげたいですよね
そこで今回は、シャンプーの正しい方法をお伝えします


お家でできるケア~シャンプー編~

頻度とシャンプー剤
健康な子であれば、シャンプーは月に1~2回行うのがベストです
シャンプー剤もいろいろ市販されていますが、必ず動物用の物を使用するようにしてください
なるべく刺激の少ないものを選ぶようにしましょう
人の表皮は細胞の層が10~15層程度あるのに対し、ワンちゃん・ネコちゃんは2~3層程度と、
人よりも薄い構造になっています。
また人の皮膚は弱酸性ですが、ワンちゃん・ネコちゃんは中性~弱アルカリ性なので
人用のシャンプーはワンちゃん・ネコちゃんには合わないのです。
毛がたくさんある分、人よりも皮膚がデリケートなのですね

こんな時はシャンプ―を控えましょう
シャンプーを控えた方が良い時もありますので、注意してください

●生後3カ月までの子犬である
●皮膚に湿疹、外傷などがある
●発熱がある
●ワクチンを接種してから1週間以内
●動物の体調が悪い


※病気にかかっている場合はかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう


シャンプーをする前に
毛が絡んでいる時にいきなりシャンプーをしてしまうと、汚れがキレイにとれませんし、
余計に毛が絡んで毛玉になってしまうこともあります。
それを防ぐためにブラッシングはとても重要です
ブラッシングをしてからシャンプーを行うようにしましょう♪
お家でできるケア~ブラッシング編1~
お家でできるケア~ブラッシング編2~

シャンプーの方法
では、さっそくシャンプーをしてみましょう!

ぬるめの水でしっかりと被毛を濡らします。
まずはぬるめの水(30℃前後)で全身をたっぷりと濡らします。
暑いお湯をかけてしまうと後から乾燥してしまったり、刺激になったりします。
(寒い時に行う場合は部屋を暖かくします。)
水で流すだけでも汚れはかなり落ちるのでここは重要です。
動物がびっくりしないように優しく声をかけながら後ろの方から弱い水流のシャワーで濡らして行きます。
被毛の中の皮膚をしっかり濡らすのがポイントです。
(眼、耳、鼻の中に水が入らないように気をつけます)

よく泡立てて洗います。
全身を十分に濡らすことができたらシャンプー剤を被毛につけ、しっかりと泡立てます。
足の先や肛門の周りなどもしっかりと洗います。
この時できたら肛門のうをしぼってあげましょう
(やり方はこちら→お家でできるケア~肛門のうしぼり編~
汚れがひどい時は2~3回洗います。
洗い終わったらぬるめの水ですすぎます。
シャンプー剤が少しも残らないようによくすすぎます。

タオルでよく拭きます。
すすぎ終わったら軽く水気を切り、タオルで良く拭きます。
しっかり拭けば、ドライヤーで乾かす時間を短縮できます。

ドライヤーでしっかりと乾かします。
タオルで拭いたら、ドライヤーで乾かします。
ドライヤーは体から30㎝以上離して当てます。
足先や耳の後ろなど、忘れやすいところもしっかりと乾かします。
濡れたままのところがあると、蒸れて皮膚炎を起こしやすくなってしまいます。
熱い風を同じところに当て続けると低温やけどをしてしまう事があるので注意が必要です
(暑い時期は熱中症を防ぐために部屋を涼しくして行いましょう)

ブラシで毛を整えながら乾かすときれいに仕上がります。
ブラシで毛並みに沿って整えながら乾かすとキレイに仕上がります




スポンサーサイト

お家でできるケア~ブラッシング編~Part2

こんにちは!看護師の天野です
毎日寒いですね
焼津は雪が降らないので暖かい方なのですけどね

お家でできるケア~ブラッシング編~Part2
今日はお家でできるケア~ブラッシング編~Part2です!
お家ケア初のPart2突入です。
前回お伝えした通り、今回は「プードル等の被毛のブラッシングの仕方」と
「ブラッシングを嫌がる子の対処法」をご説明します

プードル等の被毛のブラッシングの仕方
プードルやビションフリーゼの被毛はシングルコートでほとんど抜け毛はなく、
定期的なカットをしなければ伸び続けます。
だいたい2週間~1ヶ月に1回、犬用の美容室でカットしてもらうのが理想的です。
1ヶ月以上何のケアもしないと、どうしても毛玉ができてしまいます。
なので美容室に行くまでの期間にお家でブラッシングをして、
毛玉を防ぎましょう!

ちぢれ毛
毛が縮れていると毛玉になりやすいので、スリッカーブラシを使って
毛をまっすぐにのばしてあげます。
スリッカーブラシ
これがスリッカーブラシです。
くの字に曲がった細い針金がたくさんついています。
ブラシ持ち方×ブラシ持ち方◎
持ち方も重要です
ぎゅっと握って持ってしまうとコントロールを効かせるのが大変になるので、
親指を柄にそえ、軽く持つようにします。
ブラシ平行
とかす時は、皮膚と平行になるようにブラシをとかしたいところの毛の根元に入れ、
ななめ45°上に引き抜きます。
ブラシかけ方2
これをくりかえし、頭側から尻尾側にかけてとかして行きます。
しっかりと毛をかきわけて根元からとかすのがポイントです
あまり力をこめると皮膚を傷つけてしまうことがあるので、ご注意ください
初めから大人しくブラッシングをさせてくれる子ばかりではありませんので、
最初は短時間でせまい範囲にし、お利口にできたらすかさずほめてあげます
徐々に時間を延ばしていき、全身をブラッシングできるように練習してみてください

ブラッシングを嫌がる子の対処法
ブラッシングをしてあげたくても嫌がってさせてくれない・・・
嫌がる子に無理やりブラッシングをしたらストレスになってしまうのではないか・・・
という方もたくさんいらっしゃると思います。
ワンちゃんがブラッシングを嫌がらなくなれば、ブラッシングをしてぴかぴかにしてあげられますよね
では、どうしてワンちゃんは嫌がってしまうのでしょうか?
原因と対処法を少しご紹介します。

1.ブラッシングが痛い
からまっている毛を無理やりとかしたり、ブラシを皮膚にあてるときに力が強いと
ワンちゃんは痛くていやがることがあります。
毛がからまっている時には指で軽くほぐし、何度もブラシをかけるようにしましょう
皮膚に当たる力は、「ポンポン」くらいにしましょう。
自分の腕にブラシを当ててみて、痛くはないか確かめてみても良いと思います。

2.怒られるのがいや
ブラッシングの際に、言う事を聞いてくれないと、ついつい怒ってしまいがちです。
「もう!どうしていうことをきいてくれないの!?」「こら!!」
と何度も言われると人間でも嫌になっちゃいますよね。
良い子にできた時だけすかさずほめて、ワンちゃんをその気にさせてあげましょう

3.ブラシが怖い
なかには初めてみるものが怖い子もいます。
初めてみるブラシを急に体にあてられて、怖い思いをしてしまうと
ブラッシングを嫌がるようになることもあります。
臆病な子には、まずブラシに慣れてもらいます。
ブラシを何気ない時にワンちゃんの視界に入るように置いておきます。
徐々にブラシをワンちゃんに近づけていきましょう。
ごはんの時にブラシを置いておくなど、楽しいことと関連付けると
受け入れやすくなります

後は飼い主さんの気持ちも実は重要で、
嫌がるだろうな・・・とか、ちゃんとやらせてくれるかな・・・とか、
不安な気持ちでいると、ワンちゃんは敏感なのでそれが伝わることもあります。
ゆったりとした気持ちでブラッシングをしてあげてみてください
きっとワンちゃんにも気持ちが伝わると思いますよ

お家でできるケア~ブラッシング編~

こんにちは!看護師の天野です
年が明けてもう1ヶ月も経ちますね。
早いですねぇ!
今年はブログの更新の回数も増やしていきたいなあと思っていますので、
たくさんの方に見て頂けるとうれしいです
お家でできるケア~ブラッシング編~
さて今回のお家でできるケアは、ブラッシング編です。

ブラッシングは被毛だけでなく、皮膚の健康にもかかわってくる大切なケア。
まずは動物の毛の生えかわりの仕組みからみてみましょう!

人では1つの毛穴から通常数本の毛が生えていますが、
ワンちゃんは人よりも多く、1つの毛穴から十数本の毛が生えています。
毛は、成長期→退行期→休止期という過程を繰り返しています。
これを毛周期といいます。
ワンちゃんの毛には一次毛(上毛)という毛と、二次毛(下毛)という毛があり、
簡単に言うと、一次毛は毛周期によって季節に関係なく生えかわる毛で、
二次毛は季節の変わり目(春と秋の換毛期)に生えかわる保温効果の高い毛です。

成長期被毛退行期被毛休止期被毛

全ての犬が一次毛と二次毛の両方を持っているわけではなく、
一次毛だけしか生えていない“シングルコート”と、
一次毛と二次毛の両方が生えている“ダブルコート”の犬種があります。
シングルコートの主な犬種は、プードル、パピヨン、マルチーズ等で、
ダブルコートの主な犬種は、柴犬、コーギー、ポメラニアン等です。
また、それとは別に、短毛、長毛などの毛の種類も色々あります。

被毛の種類が違えば、ケアの仕方も違います。
それぞれの被毛にあったやり方でブラッシングすることが大切なのです。

ブラッシングの効果
ブラッシングの効果は、被毛をきれいにする以外にもあります!
リズムよくブラッシングする事によって血行が良くなりますし、
いらない毛を取り除く事で新しい毛の発毛が促進されます。
また、定期的にブラッシングをしていれば、皮膚に異常が表れた時に早期に
発見できます。

ブラッシングのやり方
ブラッシングするときには、優しく声をかけながら落ち着いた雰囲気で行います。
初めは短い時間で、おりこうにブラッシングをさせたら必ずほめてあげましょう
嫌がった時も、決して怒らないようにしてください
上手にできた時だけタイミング良くほめていれば、ブラッシングが好きな子になります
では、早速ブラッシングをしてみましょう!
短毛、少し長い短毛、長毛、プードル等の被毛の4種類に分けて説明していきたいと思いますが、
長くなってしまうので今回は「短毛」「少し長い短毛」「長毛」の3種類をご紹介します。
「プードル等の被毛」のブラッシングの仕方は、後日
「お家でできるケア~ブラッシング編~part2」としてアップいたします!

短毛のブラッシング
スムースコート・チワワや、スムースのダックス、ピンシャーなどの
短毛の子には、獣毛ブラシを使用します。
獣毛ブラシスムースコートチワワ
やり方はとっても簡単!!
毛並みに沿って頭から尻尾に向かって優しくなでるだけでOKです♪
短毛種は毛周期が短いので、長毛種よりも毛が多く抜けます。
毎日ブラッシングしてあげましょう!
そして上手にできたらたっぷりほめてあげましょう

長めの毛の短毛種のブラッシング
柴犬やパグ、コーギーなどの少しだけ毛の長い短毛種の子には、
ラバーブラシを使用します。
ラバーブラシ長め短毛パグ
ラバーブラシも獣毛ブラシ同様、毛並みに沿って頭から尻尾に向かって動かして行きます。
下毛をしっかりと取りたい時には、毛並みと逆の方向に動かしましょう!
その後は毛並みに沿って整えてあげます。
たっぷりほめるのも忘れずに

長毛種のブラッシング
パピヨンやロングヘアーのダックスなどの長毛種の子には、
ピンブラシとコームを使用します。
ピンブラシ上からトーマス
他のブラシ同様、基本は毛並みに沿って頭から尻尾に向かって動かします。
持つ時はあまり力をいれず、親指、人さし指、中指の3本の指で軽く持ちます。
ブラシの正面が皮膚と平行になるように、ポンポンとリズムよくとかして行きます。
毛を軽くかき分け、毛の根元からブラシをかければ下毛もとれます
絡んでいるところがあった場合は無理に引っ張らず、指でほぐしてからブラシをかけましょう。
全身の毛をとかし終わったら、コームで整えます。
コームでとかしている時に毛が引っ掛かってしまった場合も、無理にとかさず、
もう一度ブラシをかけるようにします。
痛いことをしてしまうとブラッシングが嫌いになってしまうので、ムリは禁物です

-------------------------------------

いかがでしょうか?
ブラッシングは慣れてしまえば簡単ですし、ワンちゃんとのスキンシップにもなります。
皮膚の健康のためにもぜひブラッシングを行ってみてください♪

次回は「お家でできるケア~ブラッシング編~part2」
「プードル等の被毛」のブラッシングの仕方と、ブラッシングを嫌がる子の対処法を
お伝えします

お家でできるケア~ハミガキ編~

こんにちは!看護師の天野です
今日は風も強くてザアザア降りの雨。
明日の日曜日は晴れくれるといいですね

今日は久しぶりにお家でできるケアの更新です!
お外で遊べない日はお家でたっぷりわんちゃんのケアができますね
今回は、お口の健康に欠かせないハミガキのやり方をお教えします!
お家でできるケア~ハミガキ編~

歯周病

ハミガキなどを行わないと、歯の表面に歯垢が付着してそれが次第に歯石になります。
放っておくと、さらにその上に歯垢が付き、歯石が何層にも積み重なっていきます。
その歯垢中の細菌によって歯の周りに炎症が引き起こされる事を、歯周病といいます。
歯周病になると、口の中が痛くなったり、食欲が落ちたりします
さらには歯周病の菌が全身に回って、心臓や腎臓などの内臓にまで悪影響が起きることがわかっています。
わんちゃんのお口の病気で1番多いのはこの歯周病なのです。

歯垢→歯石

歯周病にならない為には、歯垢を落とし、細菌を増やさないことが重要です。
歯垢は何もしなければどんどん溜まってしまいます。
ハミガキを毎日しないと、人では約20日、犬・猫では約3~5日で
歯石になってしまうといわれています
歯垢はこすれば取れますが、歯石になってしまうと普通にこすっただけでは取れません。
歯石をとるには、ワンちゃん・ネコちゃんでは全身麻酔下で歯石除去処置を行う事になります。
歯石除去をすれば一度はきれいになりますが、歯垢は付きやすくなります。
しかも、歯周病が進行して症状が深刻化してくるのはだいたい高齢になってから・・・
ということは麻酔のリスクも当然高くなります。

歯石が溜まって歯周病になる前に毎日のハミガキで歯垢を落としてあげるのが
1番安全で確実な歯周病予防法なのです!
ハミガキはとっても大事なのですね。
では、さっそくハミガキを実践してみましょう

ハミガキのやり方

ステップ1

まずは外側から口をさわります。口に触られるのに慣れたら、そっと口の中に触ってみます。
少しずつ奥の方まで触っていきます。
ムリはせず、やさしくほめながら行いましょう。
ステップ1

ステップ2

口の中を触れるようになったら、水で濡らしたガーゼで歯をこすってみます。
前歯から始めて、徐々に奥歯まで進んでいきます。
わんちゃんが嫌がってもあまり怒らないようにしましょう
おりこうにできたらよーーーくほめてあげてください
ステップ2

ステップ3

ここでやっとハブラシの登場です!
まずはハブラシにワンちゃんが好きな缶詰の汁や、ペーストをつけてワンちゃんに見せてみましょう。
この時ハブラシをかじってしまってもOKです!
「ハブラシ=良いもの」と印象付ける事が出来れば大成功です
ハブラシに慣れたら、口の中に入れてみます。
口の中に入れる事ができたら、たっぷりほめてあげます
ステップ3

ステップ4

ハブラシを口に入れても平気になったら、前歯をそっと磨いてみます。
少しずつ奥の方へ移動していき、奥の方まで磨けるようになったら、
歯の裏側を磨いてみます。
ここまで出来るようになったら、歯の隅々までやさしくしっかり磨いてあげましょう
ステップ4


ハミガキはなかなかすぐにできるようにはなりません。
毎日少しずつ、気負わず焦らず練習してみてください♪
全部出来るようになったらスキンシップもかねて、できれば毎日磨いてあげましょう

お家でできるケア~耳掃除編~

こんにちは!看護士の天野です
9月も半ばですが、今年はまだまだ暑いですね
今週は明日から3日間休みとなってしまい、申し訳ありません
なぜ土曜日を休みにしたかというと、17,18日とスタッフ全員で
日本臨床獣医学フォーラム年次大会(JBVP)に参加するからなのです
ちなみにこういう大会です↓
           JBVPフォーラム
簡単に言うと獣医学の勉強会です
たくさんの先生によるいろいろな講義を聴くことができ、サンプルなどの
おみやげまでもらえちゃうのです
頑張っていろんな知識を取り入れて来たいと思います!!
フォーラムの詳細は、後日ブログにアップしますのでお楽しみに


では、東京に行く前にお家でできるケア~耳掃除編~を
お家でできるケア~耳掃除編~

ワンちゃん、ネコちゃんのお耳の病気でよくみられるものは、外耳炎です。
外耳炎は、耳ダニやマラセチア(酵母菌の一種)によるもの、アレルギーが原因のもの
などいくつか種類があります。
外耳炎になると、耳の中に黒や茶色の耳垢が溜まり、耳をかゆがります
(もし今お家のワンちゃん、ネコちゃんにそのような症状が見られた時は
一度ご来院ください。治療が必要な場合があります。)
これを放置すると耳の中がただれてしまう事もあります

特に垂れ耳の子(アメリカン・コッカー・スパニエル、ビーグル、プードル等)が
外耳炎になりやすいので、注意が必要です

今お耳がきれいな子も外耳炎になる前に、定期的に耳掃除をしてあげましょう

耳掃除のやり方
やり方は難しくありません。
必要なもの・・・イヤークリーナー、脱脂綿、(綿棒)
※イヤークリーナーは主に動物病院で取り扱っています。
※耳掃除の際、ワンちゃん、ネコちゃんが耳を振りますので、
新聞を敷くなど、お部屋が汚れないようにしてください
耳掃除手順1
まず耳の中にイヤークリーナーをたっぷり入れます。
※この時耳を振ろうとするので注意しましょう
耳掃除手順2
イヤークリーナーが耳に入ったまま、外側からマッサージします。
耳掃除手順3
浮いてきた汚れを脱脂綿で拭き取ります。
※耳の中に残った液はワンちゃん、ネコちゃんが
耳を振れば自然とでます

1~3を何回か繰り返せばOKです
できればこの後綿棒で汚れをとってあげるとさらに良いです。
ただし、綿棒を使う場合は強くこすったり、
耳垢を奥に押し込んだりしないように注意しましょう!

これはあくまでもお掃除ですので、たくさん耳垢がでたり、
耳をかゆがるようであれば、動物病院を受診しましょう







 
  次のページ >>