魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

ワクチンで予防できる猫の感染症

今回は、ワクチン接種で予防できる猫の病気のお話をしたいと思います



●猫ウイルス性鼻気管炎

猫ヘルペスウイルスによっておこる病気で、初めは40℃前後の発熱、激しい咳やくしゃみ、鼻水など風邪の症状が続きます。
目やになどが多くなり、角膜炎や結膜炎を引き起こします。感染力が強く、他のウイルスや細菌との混合感染も多いため、重い症状となって死亡する事もあります。
特に子猫はかかりやすく、高い死亡率を示す場合もあります。
また、回復してもウイルスは体内に残り、ストレスなどで再発する事もあります。




●猫カリシウイルス感性症

猫ウイルス性鼻気管炎と類似の症状を示しますが、進行すると口の中や舌に水泡や潰瘍がみられ、肺炎を起こすこともあります。他のウイルスとの混合感染で合併症などを引き起こすと、死亡する場合もあります。
一般的に鼻気管炎より強いウイルスなので、持続的にウイルスを排泄して、他の猫への感染源となりますので注意が必要です。



●猫汎白血球減少症(猫伝染性腸炎)

パルボウイルスによる病気で、猫パルボウイルス症としても知られています。
血液中の白血球の数が著しく少なくなり、高熱、嘔吐、下痢、急速な脱水などの症状がみられます。
脱水症状が続くと猫は衰弱し、特に子猫では非常に死亡率の高い伝染病です。



●猫白血病ウイルス感染症

猫白血病ウイルスに感染すると様々な病態を示します。リンパ肉腫、白血病などの腫瘍性疾患をはじめ貧血、汎白血球減少症など骨髄機能の低下、腎炎あるいは免疫不全のため他の感染症を併発する事もあります。
これらはいずれも根本的な治療法はなく、死亡する危険性の大きい恐ろしい病気です。
感染猫の唾液中には多量のウイルスが含まれていて、猫同士の毛づくろいや咬傷などを通じて口、鼻から伝染します。


・関連記事
猫白血病ウイルスについて


感染すると治りにくい症状ばかりですが、これらはワクチンを接種することで免疫をつけることができ、
万一感染しても軽い症状でおさえることができます。

定期的なワクチン接種でしっかり予防したいですね
スポンサーサイト