魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

お薬の飲ませ方~わんちゃん編~

こんにちは看護師の天野です
今回は、使える豆知識として お薬の飲ませ方 の色々な方法をまとめてみました
お薬をなかなか飲んでくれない・・・そんな時にお役立てください

1.そのまま飲ませる場合 

あ~ん

まずは口を開けます。

  ほとんどのわんちゃんは口を触られるのを
  嫌います
  子犬の頃から口に触れる練習を
  しておくといいですね


奥まで
 
  錠剤を口の奥の方に入れます。 

      しっかり奥に入れないと、
      あとで吐き出してしまいます


ごくん   

 口を閉じ、”ごくん”とお薬を飲み込むまで待ちます。

      病院犬のトーマス君は
      油断をすると飲み込んだふりをして
      その後お薬を吐き出します
      
            

お水を
そのまま飲み込まない場合は、注射器やスポイト
などで水を流し込みます。


      ねこちゃんは、”ごくん”と
      しただけではお薬が胃まで
      届かないで食道に留まる場合が
      あるので、必ずお水かごはんと
      一緒に飲ませるようにしましょう
                       (詳細はねこちゃん編で!)
    



この方法が難しい場合は、追記をご覧ください
  ↓  ↓  ↓



      
2.だんごにしてみる

まずは、パンや犬用のチーズ等でだんごをいくつか作ります。
そのうちの一つに、錠剤を入れます。

だんご

錠剤の入っていないだんごから食べさせ、勢いがついてきたら
錠剤入りだんごを食べさせます


ポイ


  錠剤のはいっていないダミーだんごを
  あげないと、勘の良い子にはバレてしまいます


3.粉して混ぜる

粉にしてもよいお薬なら粉状にして、缶詰やペースト状のものに混ぜてあげます。

  錠剤やカプセルのまま飲ませなければいけないお薬もありますので、
  粉にしたい場合は、スタッフにお尋ねください
  

病院ではおくすりちょーだいという商品も置いています
     ↓
おくすりちょーだい

*使い方*

おくすりちょーだい1
お皿に適量出します。

混ぜた後
お薬を混ぜます。

ペロン
すべてなめさせます。
トーマス君もだいすき!チーズ味です


  お薬を何かに混ぜて与える時は、
  残さず食べたか確認しましょう!
  部屋の隅にお薬だけ隠していた・・・なんてこともあります


いろいろ試してみて、お家のわんちゃんに合った方法を見つけてみてください
次回は、ねこちゃん編です 




スポンサーサイト