魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

猫トイレ

こんにちは!看護師の天野です

今回はネコちゃんのトイレについてのお話です

みなさんのお家のネコちゃんは、トイレを失敗したことがありますか?
実は、ネコちゃんの問題行動で1番多いのはトイレの失敗なんです
トイレを失敗する原因は、大きく分けて2つあります。
1つは病気によるものです。膀胱炎、尿結石、糖尿病、腎臓の病気などにかかっていると、
痛みや残尿感があったり、多飲多尿によりトイレまで間に合わなかったりすることがあります。
いままではちゃんと出来てたのに、最近トイレを失敗する・・・なんだか排尿する時痛そう・・・
と思ったら、まずは動物病院で尿検査(場合によってはもっと詳しい検査)を受けることをおすすめします

トイレを失敗する2つ目の原因は、トイレ自体によるものです
その場合は以下のような行動が見られます

・トイレのふちに立つ
・短時間しかトイレにいない
・トイレから飛び出してくる
・トイレのあと、足を振る


当てはまる項目があったでしょうか?
1つでも当てはまる場合は、まずトイレを改善してみましょう

では、どんなトイレが良いのでしょうか?
ネコちゃんは大昔、広いお外で用をたしていました。
トイレ中は土をほったり、くんくんにおいを嗅いだり、色々やることがあります
そのため、広くてのびのび出来るトイレが好きなようです

トイレの大きさ

最低でもネコちゃんの大きさの1.5倍の大きさが必要です。
トイレが狭いと、広い別の場所(ソファーの上、カーペットの上、座布団の上など)を
自分のトイレとして決めてしまうことがあります。

ソファートイレ

1.5倍トイレ

トイレのカバー
ネコちゃんは通常青空のしたで用をたす動物なので、カバーは無い方が自然に近くて良いです。
また、カバーはにおいをこもらせ、動きを制限してしまうのであまり好みません。

くさいトイレ


とはいっても、においや砂の飛び散りが気になります
同居のワンちゃんがネコちゃんのフンを食べてしまう・・・という話もよく耳にします。
そんな時は、手作りしちゃいましょう!!
段ボール等にネコちゃんがやっと通れるくらいの穴を開け、ふたを取り外し可能にします。
こんな感じです。薄い木の板等で作ってみてもいいかもしれませんね
↓↓↓
手作りトイレ

砂の種類
通常ネコちゃんは土の上で用をたします。
しかし土をお家の中に置いておくわけにはいきません
そのため、ネコちゃん用の紙砂を用意してあげましょう
紙砂にも色々な種類があります。
固まるタイプのものや、細かい粒のもの、紙ではなく本物の砂の様なものもあります。
細かい粒のものを好む子が多いようですが、お家のネコちゃんの好みを見極めましょう

見極めトイレ


トイレの場所
生活の中心からそんなに離れていないところで、洗濯機や乾燥機などのうるさい家電がなく、
多少の光が入る所がベストです
遠かったり寒かったりうるさかったりすると、行きたくなくなってしまうためです。
真っ暗ではなにも見えなくて用が足せません

洗濯機トイレ

トイレ近い

トイレの数
理想的な数は、お家にいるネコちゃんの数+1コです。
ネコちゃんによっては、清潔なトイレしか使わない、フンと尿を違うトイレでしたい、
という子もいます。

飼育数+1

まとめ
・トイレの大きさはネコちゃんの1.5倍
・カバーはつけない
・砂は好みのものをみつける
・生活の中心の場所から近く、真っ暗でなく、うるさくない所
・数は飼育数+1


これだけ気をつければ、きっとネコちゃんにとって快適なトイレになるでしょう
そのトイレが気に入れば、すぐに改善がみられるはずです。
長い間トイレにいて、ほじほじくんくんするようになったら大成功!!
ほじほじトイレ

トイレを変えても改善がみられない場合は、ストレスが原因である可能性もあります。
その場合はストレスの原因を見極め、獣医師に相談することをおすすめします。

ただし、オス猫ちゃんのマーキング(スプレー)の場合はまた違ってくるのでご注意を
トイレの失敗とスプレーは違い、スプレーの場合は少量をピュッとするのが特徴です。
スプレーは、去勢手術をすればおさまることがほとんどです。

今回ご紹介したトイレでなくても、ちゃんと失敗せずにトイレが出来ていれば
問題ないのでご心配なさらないでくださいね