魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

マダニの予防

こんにちは!看護師の天野です
毎日暑い日が続いていますね
ワンちゃん、ネコちゃんは夏バテになったりしていませんか?
熱中症にも気をつけたいですね

前回ノミについて書きましたが、今回はマダニについてです!

マダニはクモ類の寄生虫で、地面に生息しています。
熱や動き、震動などから宿主が近くにいることを察知し、寄生します。
そして、頭部を皮膚に突っ込んでお腹いっぱいになるまで吸血します。
下の絵のように、誕生してから『寄生・吸血』→『脱皮』を繰り返しながら成長します。
人や動物に感染する病原体を持っていることがあり、吸血した時に感染する可能性があります。
マダニのライフサイクル
犬や猫に寄生し満腹になったマダニは、なんともとの体重の100倍になることもあります!!
そんなにたくさんの血を吸っているということですね
マダニパンパン
マダニ達は普段やぶや草むらにいるので、緑の多い場所に近づく時は注意してください
特に、頭や耳、目の縁など皮の薄いところに付きやすいようです
そしてもしお家のワンちゃんやネコちゃんにマダニがついていたとしても、
無理にとってはいけません
化膿したり、病原体をワンちゃん、ネコちゃんにうつしてしまう可能性があるためです。
吸血されている時間が長いほど病原体がうつりやすくなるので、すぐに動物病院で受診しましょう!
マダニがついたまま放っておくと、こんなに怖いことがあるのです
          ↓ ↓ ↓
マダニによる被害
・大量に寄生すると、失血による貧血がおこる。
・刺激性の唾液による皮膚病や、唾液に含まれる毒素(神経毒)による麻痺を引き起こしたり、
 細菌性皮膚感染症を誘発する。
感染する病気↓↓↓
・犬バベシア症…バベシア原虫が赤血球に寄生。症状:貧血、発熱、食欲不振黄疸等
・ヘモバルトネラ…赤血球表面に寄生するリケッチア。症状:貧血、発熱、元気消失等
・ライム病…人にも感染する。
      犬:破行、神経症状、体重減少、発熱、食欲不振等
      人:かまれた部分に発疹、発熱、神経症状、関節炎等


貧血に、病気。。。怖いですね

ノミと同様、マダニも予防した方が安心ですね!
マダニ予防はスポットオンタイプのお薬でできます
スポットオンタイプとは、月に1回背中にたらす液体のお薬のことで、
ノミと同時に予防できます
種類もいくつかあります。
動物病院で処方できますので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください



スポンサーサイト