魚の町、静岡県焼津市にある動物病院のブログです。☎ 054-628-6468

パピークラス

パピークラス
(画像をクリックすると大きな画像になります。)

1.まず子犬を落ち着かせましょう!
動物病院で緊張しているときや興奮気味の時、飼い主さん自身の手でワンちゃんを
リラックスさせてあげることは、とても大切です。
子犬の時に練習しておけば、成犬になってからも役立ちます。

パピー1

2.体中を触って、チェックしてみましょう!
体の色々な部分を触る練習をしておけば、病気の早期発見もできますし、爪切りや
ブラッシングなども、ストレスを与えずにできます。
パピ3

3.知らない人、知らないわんちゃんとふれ合ってみましょう!
普段接することがない人や犬と、子犬の時期にふれ合って、
子犬の社交性を身に付けさせることが大事です。
お散歩の時などに近所の方にさわってもらうのもいいですね。
k

4.リードをつけて歩いてみましょう!
お散歩の時はもちろん、家から1歩でも外に出る時は、
必ずリードをつけ事故を未然に防ぎましょう。
また、人がたくさん集まる所に連れていく時は、リードを短く持つか抱っこしましょう。
わんちゃんが苦手な人もいるかもしれません。

リードが初めての子には
まず、お家の中でリードをつけ、自由にさせてあげます。
そうすることで、リードがついている感覚になれます。

リードに慣れたら
短すぎず長すぎない長さで片手にリードを持ち、飼い主がリードして歩かせます。
犬のペースにならないように注意しましょう。

リードを嫌がる子には
リードを少したるませて持ち、引っ張らないようにしてあげましょう。
ごほうびをみせながら、やさしく呼んであげます。
パピ4

5.最後に
今回ご紹介したのは、しつけの基礎のほんの一部です。
今すぐにできなくても、毎日少しずつでも続ける事に意味があります。
楽しくスキンシップする感覚で練習してみてください
また、まだワクチン接種の済んでいない子犬ちゃんは、免疫力が十分でないので
地面に下ろしたり他のわんちゃんと接触したりするのは避けた方が良いです。
それまでは飼い主さんが抱っこして外をお散歩してあげましょう
外の世界に慣れやすくなります。


スポンサーサイト